Windows7から8.1そして10へ

私は元々Windows7を使用していたのですが新しいノートPCを購入する際に既にWindows7の機種は発売しておらずWindows8.1搭載のノートPCを購入しました最初に戸惑ったのがをスタートボタンをクリックした時です

いつものようにスタートボタンをクリックしてスタートメニューからすべてのプログラム選択しようとしたのですがスタート画面が開き天気や株価などいろいろな情報が表示されているのですがインストールしたアプリケーションをどのように起動したらいいのが直感的にわかりませんでした

 

Windows7のすべてのプログラムWindows8.1ではアプリビューと呼ばれスタート画面の下にある丸に矢印のあるアイコンをクリックする必要がありますクリックするとWindowsのツールやインストールしたアプリケーションが一覧で表示され起動することができます

 

Windows7のスタートメニューとすべてのプログラム慣れ親しんでいたため最初スタート画面が表示されたときは戸惑いましたが自分の住んでいるところや職場の天気知りたい株式の銘柄やニュースの種類などスタート画面をカスタマイズすることでスタートボタンをクリックするだけでサァーっと見ておきたい情報を知ることができ便利に感じてきましたその後Widows10の配布が始まり私もWindows8.1から10へ移行しました

 

 

Windows10ではスタート画面がなくなりスタートボタンをクリックするとWindows7のようなスタートメニュー(「すべてのアプリという表示ですべてのプログラム)復活しかつWindows8.1のスタート画面のように天気や株価ニュースなども表示できるデザインに変更されたためWindows10に更新しより使いやすくなったと感じています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です