インターネットの使い方で注意すること

私はインターネットというものが始まった頃は、物珍しさで色々なことをやってみました。特に面白いなと思ったのは、SNSでのチャットなどです。またチャットだけでなく掲示板のようなものも使いました。特に妊娠期間中や体調が悪く外出が少ないときにはインターネットがソーシャルコミュニケーションになって一人ぼっちで孤独を感じる時間が少ないので利用していたようにも思います。しかし、ある程度使ってみると、インターネットを使いすぎるのは良くないことがわかったのです。人のコミュニケーションというものはリアルタイムで顔を合わせた状態でないといけないなと。私は大きなトラブルは経験していませんが、例えば自分の欲しい情報のために掲示板などで意見交換をしていたグループの中の人たちは顔が見えないということもあり、だんだんプライベートな問題を書くようになってきたことがあります。中にはかなり深い家族内での問題もあったりして、そうなると自分の欲しい情報だけではなく必要がない情報まで入ってきてしまうわけです。そしてグループで意見交換をしているので、その話に対して無視をするわけにもいきませんし、そうなるともちろんネット上はノンバーバルコミュニケーションといって顔が見えない状態ですから、文字だけで自分の意見や感情を表現するには限度があります。非常に不自然なコミュニケーションであるとある時に感じ、私はそれ以来掲示板を利用するときには観覧のみと決めました。そして必要最小限は絶対に使わないようになりました。今はインターネットは本当に必要な情報を調べたい時だけ使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です